公開履歴
黄色の錠剤と葉

アイピルの主成分はレボノルゲストレルと言う黄体ホルモンです。
使用目的は、望まない妊娠をした時の緊急避妊薬です。
その効果は、精子を子宮頸管に入りにくくするとか、排卵を遅くするとか、受精卵が子宮に着床するのを防ぐことで、避妊を成立させます。
大切な事は、緊急避妊が必要となって72時間以内にのむことで、24時間以内に飲めば95%の確率で避妊が成立すると言う報告があります。
遅くても、72時間以内に飲むことが必要で、その場合は、75%避妊できると言う報告もあります。
120時間以内であっても50%暗いは、避妊が成功すると言う報告もあります。
他にヤッペ法と言う卵胞ホルモンと黄体ホルモンの両法を含む薬を産婦人科で処方してもらう方法もありますが、この方法でも費用は1万円くらいかかり、激しい副作用の吐き気があります。
このヤッペ法も最初に2錠飲み、されに12時間後に2錠飲まなければならず、2回目に飲むことを忘れる場合がありますし、費用も1万円ほどかかります。
さらに、緊急避妊の常備薬としての処方箋は発行してもらえません。
アイピルは、日本では先発品が2011年に、産婦人科で販売が許可され、緊急避妊が必要になった場合に受診をすると、保険はききませんので1錠1万5千年から、2万円くらいの金額で手に入れることができます。
アイピルを使用することで、一番大切な事は、緊急避妊が必要となってすぐにアイピルを服用することなのです。
翌朝、産婦人科を受診したから手に入れようとすれば、先発品が手に入りますが、少なくても12時間は経過していることでしょう。
もちろんアイピルの効果は、12時間以内が12時間から24時間よりも高いです。
アイピルを事前に用意しておいて、緊急に必要となったらすぐに服用することが、もっとも賢い選択肢です。
アイピルは、町の薬局やドラッグストアで手に入れることはできません。
手に入れる方法は医薬品個人輸入を使って、通販で手に入れましょう。

→アイピル通販なら処方せん無しで手っ取り早い←

通販で手に入れた場合、アイピル1箱1錠入り1145円で売り出している医薬品個人輸入代行業者があります。
日本で、産婦人科を受診しても常備薬としてのアイピルの処方箋は手に入りません。
そのためには、通販で安くアイピルを手に入れお守り代わりに持っていることにより、緊急避妊薬を必要時すぐに使うと言うのが、よい選択肢のひとつなのです。

アーカイブ