• ホーム
  • アイピルは世界中で使われているアフターピルです

アイピルは世界中で使われているアフターピルです

嬉しく笑っている女性

アイピルは、もしセックスをした後、望まない妊娠の可能性がある場合、24時間以内の服用で95%妊娠を避けることができる薬で、アフターピルの1種です。
24時間から48時間以内で85%、48時間から72時間以内で58%妊娠を回避できる確率があります。
この数字は月経周期を全く考慮していない数字で、排卵美付近では85%の確率で妊娠を避ける事が出来ます。
その作用は、排卵日を遅くしたり、子宮内膜での受精卵を着床しにくくしたり、精子が子宮に入りにくくしたりします。
日本では2011年にアイピルの主成分レボノルゲストレルを含む商品が、アフターピルとして処方する事ができるようになりました。
しかし、この薬は保険がきかないために、1回の使用料金が1万5千円から2万円かかってしまいます。
しかも、セックス前に準備をしておく事は出来ず、避妊を失敗した後に婦人科で処方してもらう物なので、どうしても服用までの時間がかかってしまいます。
避妊に失敗をした場合、すぐに飲むことが一番効果が高いので、緊急用として常備をしておく事が大切な薬です。
レボノルゲストレルはドラッグストアで、手に入れる事は出来ない薬ですので、もし手に入れようと思えば、医薬品個人輸入をしてて手に入れなければなりません。
インドは特許法では、医薬品の製造過程に対して特許を設定する事ができませんので、特許が切れていない医薬品でも、合法的に製造が出来ます。
そのために、発展途上国で、エイズにかかった患者の治療薬などをインドの製薬会社は安価に提供をして、国境なき医師団の手を通して広く利用されています。
アイピルもインドのジェネリック製造会社のうち一番大きい会社で製造されたもので、日本で個人輸入をすると、1錠2000円くらいで手に入れることができます。
妊娠中絶を避けるために緊急用として使用する場合が多いので、医薬品個人輸入をして3個くらい常備をしている女性が、味本国内でもおおくいますし、世界各地でもたくさんの女性が緊急用として常備をしています。
ただ、あくまでも医薬品個人輸入を通して使用するものなので、使用は自己責任となります。
さらに、アイピルは、妊娠中や授乳中や重い肝臓障害がある人は、服用できません。
アイピルはあくまでも、緊急避妊用の薬です。
妊娠を避けたいのであれば低用量ピルを毎日服用する事によりほぼ100%避妊をする事が出来ます。
ただ、低用量ピルでは、エイズ等の感染症は防ぐことはできません。
できればコンドームを使用する事をお勧めします。

アーカイブ